読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノンマルト通信Express

フリーランスで自由自治

満腹『ネギ塩豚カルビ丼』

街探訪

大宮で晩飯を食べる。土曜の夜だけど、今晩は一発で路駐のスペースを確保できた。僕が行けば、なんとなく空きのスペースが用意されている様な気がする。駐車場の利用に関しては、大宮に限らず僕の予感は当たりやすい。

ただ、出発が遅れてしまい、トンカツ屋のラストオーダーに間に合わなかった。それでも、大宮駅近辺にはいくらでも飲食店がある。

午後11時を過ぎて、南銀の辺りは祭りの様に人々が群がっている。通り掛かりの松屋の店内が空いていたので、今晩は丼物で腹を満たそう。

はっきり言うと、松屋の牛めしはおいしくない。牛丼一択だったら、迷わず吉野家を選ぶだろう。松屋の利点は、定食を含めたメニューの多さにある。中でも、ネギ塩豚カルビ丼は独特の風味があり、他のチェーン店ではなかなかお目にかかれない。

カルビそのものは凡庸だが、レモンの酸味と塩味が効いたネギに独特の味わいがある。ご飯のおかずが肉なのかネギなのか分からなくなる位、ネギ塩の存在感が際立つ。ネギ塩のしょっぱさでご飯がすすむので、紅ショウガは入れなくてもいい。

同じ系列店ではあるが、松屋で定食を頼む位なら、素直に松乃家でトンカツ定食を食べたい。僕にとって松屋独自の逸品を選ぶとするなら、ネギ塩豚カルビ丼を真っ先に挙げよう。

カロリーがどれ程あるのか知らないが、ネギ塩の味覚が長く続き、しばらくは満腹感に浸れる。就寝前には、むしろ食べない方がいいかもしれない。腹持ちが良すぎて、翌朝まで胃がもたれてしまう。

ちなみに、現在の定価は450円。喫茶店でコーヒーを飲むよりも、僕は松屋の丼物でエネルギーを蓄える事にしている。

広告を非表示にする