読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノンマルト通信Express

フリーランスで自由自治

公園横のサイゼリヤ

街探訪

今日はやたらと天気がいい。青空に白い雲がくっきりと映えて、風の流れが早い。自宅に閉じこもるには勿体ない位、日差しが暖かだ。

発送する郵便物があるので、本局まで車を走らせた。他に予定はないので、ついでながら近くの航空公園でしばらく散歩をした。県内でも有数の広さの公園であり、年齢を問わず多くの人々に利用されている。

土日は駐車場に入れない程混み合うが、平日は営業車が休憩に立ち寄るスポットとしても活用されている様だ。

園内の樹々は葉が落ちて、まだ寒々とした姿だが、梅がチラホラ咲いている。白梅に紅梅、交互に植えられた梅林がある。桜ほどの華やかさはないが、春の到来を予感させてくれる。

土地に起伏があるので、宛もなくブラブラ歩いているだけでも良い運動になる。遊具の周りでは、小さな子供達がキャッキャと声を上げて微笑ましい。

それにしても暑い。冬物のジャンパーを着ていたら、うっすらと汗をかいた。天気予報によれば、今日の最高気温は20℃に達するとの事だ。春までもう少しだ。

午後2時を過ぎてお腹が空いたので、公園近くのサイゼリヤでランチを食べる事にした。浦所バイパス沿いの店舗で、車の出し入れがしやすいので、仕事帰りに時々寄ることがある。

ランチタイムの店内は、女性や高齢者の客が多かった。近所の人達なのだろう。夜間とは客層が違う。夜は、タバコを吸いながら、一人や男女で過ごす客が多い傾向だ。晴天と相まって、昼間のサイゼリヤは、明るく軽やかな雰囲気を感じた。

ランチメニューは500円で、ドリンクバーを付けても610円とお得な金額だ。喉が渇いていたので、さっそく野菜ジュースを飲んだ。

汗をかいた後は、コーヒーを飲みたいと思わない。体が心に指令を下しているのだろう。何が良いかは、体が知っている。肉体あっての人間である。

500円のランチなので鉄板モノとはいかないが、スパゲティの他に肉料理もちゃんと用意されている。スープにサラダ、ライスまで付けば十分なコストパフォーマンスだ。

松屋系列と違って、テーブル席のソファに腰掛けられる点もいい。デフレ時代のファミリーレストランとして、サイゼリヤは到達点のひとつだろう。

野菜ジュースをお替りして、腹休めをしてから店を出た。時間は午後3時、まだ陽は高い。暗くて寒い冬の陰極から、明るくて暖かい春へと着実に移ろいでいる。自然は人間の思惑などお構いなしに、それ自体のリズムを刻み続けている。

年中、春の日差しに包まれていたいと願っても、それは人間の采配ではない。浮いては喜び、沈んでは悲しむのが人の性だ。思えば、何十年も寒暖の季節を通り過ぎて来た。先々を考えても、結局今までと同じ轍を踏み続けるしかない。それが自然なのだ。

広告を非表示にする