読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノンマルト通信Express

フリーランスで自由自治

不惑の短髪、理容室に行ってきた

所感

午後からポッと時間が空いたので、隣町の理容室まで散髪に行ってきた。

髪型には特に拘りはなく、安くて丁寧な店を探して、各所を巡ってきた。今通っている店を知ってから、約一年になる。

安い散髪屋と云うと、「技術が雑・時間が短い・店が汚い」の三拍子が連想される。理容組合の縛りがきつかった頃は、安い散髪チェーン店は、ヤミ米の様な印象で見られる事もあった。

時代は変わって日本は長引くデフレ、消費者、特に男性は、お洒落にあまりお金を使わなくなった。商店街が衰退した為、昔気質の理容室も、廃業や値下げを迫られてきた。

理容組合の横槍など、消費者にとっては関係ない事だ。自分のニーズに合うかどうかは、自分で体験して確かめればいい。実際、僕は総合調髪3000円以内の店を、いくつも当たってきた。

特に常連面する店はないのだが、綺麗な店内でバックシャンプーをしてくれるので、今日行ってきた店は気に入っている。フルサービスで2200円は有り難い。

以前はパーマを掛けていた頃があり、わざわざ都心の高級店を訪ねた事もあった。しかし、パーマを何十回掛けても、髪質は変わらない。天然の髪の流れは常に一定であり、パーマや整髪料で一時的にごまかしているに過ぎない。

次第に、パーマを掛ける事がバカらしくなってきた。わざわざ高い金額と時間を掛けても、自分の持って生まれた性質を変える事は出来ない。

生まれた時に配られたカード、親から貰った肉体の中で、人生と折り合いを付けるしかないのだ。無益な美容は諦めて、数年前から短髪で過ごしている。

何のことはない、子供の頃と同じスポーツ刈りである。思春期の頃から、髪型をいじってきたが、30年経って、結局元の鞘に納まった。人生の原型は、子供の頃に出来上がっているのだ。

髪が短いと、髪の手入れに時間が掛からない。夏だったらドライヤーも使わず、ヘアトニックでマッサージするだけで済む。考えを切り替える事で、頭髪に関する悩みは減った。

人間、貧乏になると、心の荷物を減らさざるを得なくなる。拘りを捨てないと、人生の悩みに押し潰されてしまう。悩みたくなければ、「見栄を張らない・世間体を捨てる・常識や道徳を疑う」ことを勧めたい。

昔の成功体験が強烈に残っている人は、かえって哀れなものだ。自分の出る幕はもう終わったのに、必死に過去にしがみつく。僕は、しがみつきたい程の絶頂を、未だ味わったことが無い。だから、安全とも言える。

低速で低空飛行の人生の方が、景色をゆっくり眺められる。もし墜落しても、何とか命は助かるだろう。人生がうまくいかなくなったら、速度を落として高度を下げればいい。

広告を非表示にする