読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノンマルト通信Express

フリーランスで自由自治

カーライフ保全

所感

今月からマイカーの月極駐車場を変更した。以前の場所から、数十メートル近くなる。駐車料金も1000円安くなった。僅かな数値ではあるが、心理的な負担が軽くなった。

今日は最寄りのカー用品店に寄ってきた。先日、夜間走行中にヘッドライトが切れたので、修理してもらったのだ。左右両方とも新しい電球に交換したら、以前より光が白くなり、視界が明るくなった気がする。

ついでにオイル交換も済ませた。カー用品店のポイントカードがあるので、割引が適用されて安く済んだ。今年の春から軽自動車に乗り換えたが、諸々の費用が軽減された。

お陰でなんとかマイカーを維持し続けている。仕事や生活に車は欠かせないので、固定費用は極力抑えたい。

昨年までは、普通車のスポーツワゴンに乗っていた。遠出をするにも安心感があり、デザインも気に入っていた。ただ、燃費が悪くメンテナンスに費用が掛かる。

当初はディーラーに任せていたが、オイル交換だけで10000円近く請求された。車検の見積もりも、よく分からない項目が羅列しており、少しでも請求を水増ししたい欲求が透けて見える。

途中からディーラーを離れて、カー用品店や車検専門店をその都度利用する事にした。それでも燃費の悪さはどうしようもなく、マイカーの維持が頭を悩ませた。

毎年、一方的に送り付けてくる自動車税も腹立たしい。マイカー・マイホームと云っても、国家から徴税される対象では、個人の所有物とは言えないのだ。

今年の3月はスポーツワゴンの車検時期であり、修理箇所が重なって30万円近い見積もりだった。いくら愛着を持っても、車や家は消耗品である。

生活の為の経費と割り切ることで、軽自動車に乗り換える決心がついた。車検前に手頃で状態の良い中古車が見つかり、無事に買い替えることが出来た。

走行距離は50000キロ、大事に使えば5年先でも乗れるだろう。車幅は狭いが、天井が高く、室内空間は広く感じる。エンジン音がうるさく、カーオーディオの音質は期待出来ないが、しばらく走っているうちに慣れた。

何よりも、燃費が改善された点が嬉しい。前のスポーツワゴンは9km/Lしか走らなかったが、現在の軽自動車は14km/L以上走る。ざっと1.5倍以上の向上だ。以前はガソリンを給油する度に憂鬱だったが、今はさほどストレスを感じなくなった。

軽自動車で何度か高速道路も走った。外側車線を法定速度で走れば、とくにパワー不足は感じない。また、軽自動車は高速料金が若干安くなるのも、乗ってから知った。

車体が小さく重量も軽いのだから、3ナンバーと同額では不公平と云うものだ。そもそも高速道路は、将来無料化を謳って建設されたことを忘れてはならない。

ここ数年は金詰りがひどく、マイカーを手放すことも何度か考えた。カーシェアの利用も検討したが、マイカーをいつでも使える利便性は仕事にも影響する。軽自動車を選択したことで、車の悩みは随分と軽くなった。保険もネット利用で安くなった。

前のスポーツワゴンでは、車庫入れに苦労させられた。保管場所の駐車場は元より、商業施設の駐車場でも、車庫入れはストレスだった。それが軽自動車を運転するようになって、どこの駐車場でも難なく入れられる。

実用本位の車なので、見栄えはしない。だけど、誰が僕を見ているというのだ。自分で勝手に人目を気にして、無理な選択をしていただけだろう。

人には器というものがある。自分の器に合ったサイズの生活をすればいい。他と較べて大きい小さいと悩む事が、そもそも勘違いなのだ。サイズは人と較べる事ではない。自分の器に対して、大きいか小さいか、それだけを目安にすればいい。

広告を非表示にする